♪この〜毛何の毛気になる毛〜♪

d0054076_2314280.jpg
 このふさふさした触り心地のよさそうな毛皮は、いったいどんな動物の毛でしょうか。犬や猫のものといっても通りそうですね。ヤギのたぐいはもっとガサガサしているでしょうか。でも胸のあたりのだよといったら、そうかもしれないというような気にもさせられそう。どなたか麗婦人の毛皮のコートの前あわせのあたり? だとしたらキツネの毛でしょうか。ちょっと見当がつきませんよね。答えは↓ちょっと下の方に。










 じつはこれオオミズアオというガの背中であります。下の写真のガのちょうど背中の部分を接写しました。天蚕と呼ばれる、天然の絹を出すヤママユガの仲間ですね。ご覧の通りじつにきれいな水色から緑色の羽をもつ大型のガです。これで左右12、3センチくらいあるでしょうか。
 夜、山の小屋の明かりに呼ばれて窓辺にやってきました。これだけ大きいと、飛ぶとバサバサという羽音がします。英語で Luna Moth 、月夜に優美に飛ぶ姿から月の女神と呼ばれているそうであります。学名もギリシア神話の月の女神アルテミスから Actias Artemis とつけられています。ここから英語の名前がつけられたのかもしれません。
d0054076_23505429.jpg

 日本語で「夜の蝶」といったら意味はふた通りありますが、「夜の蛾」なんて言い方は聞いたことがありません。英語にはあるのでしょうかねえ。博学の方のご教示を願うものであります。
by fuefukin | 2008-06-27 23:51 | ネイチャーフォト | Comments(0)

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31