人気ブログランキング |

普門禅寺のサクラ

 近所のセルフのガソリンスタンドの値段、会員価格で1リットル121円。あっという間に150円台になって、高止まりしていたこの1年あまりを振り返ると、なんだかしみじみとした感懐を覚えますね。そもそも暫定税率という代物があやふやなものでありましたし、ここにきて急に環境問題をとなえだして再課税を訴える政府首脳や政権党の面々の言い分は、なんとも怪しげでありますね。
 久しぶりにガソリン満タンでお天気にも誘われ、といってもいろいろ都合もあって遠出はできないので多摩川を渡って隣の町のお寺の桜の撮影に。JR五日市線の東秋留駅のすぐそばにある普門寺という禅寺にけっこうな枝垂れががあるというので出かけてきました。
d0054076_7483170.jpg
d0054076_7542023.jpg
 左がその枝垂れで奥の本堂に近い場所にももう1本あります。正面はソメイヨシノでしょうか。こちらのほうが堂々と見えました。枝垂れはお彼岸の頃から咲き始めていたということですでに散り始めていましたが、それでもなかなか見事な咲き振りでありました。
 境内に睡蓮鉢がいくつか並んでいて、ようやくぬるんだ水にメダカがうれしそうでした。
d0054076_813122.jpg
 ひっくりかえっている奴もいますが、これは水面に映ったもので実際は3尾。
 多摩川支流の平井川沿いに帰路をとると、両側の土手に桜並木が。流れは細く護岸も気になりますが、こうしてそろって咲き競うと、やはりきれいですね。わたくしたち日本人の奥底に、桜好きというより春の到来を喜ぶ DNA が潜んでいるのかもしれません。というよりは自然に寄り添いながら生きるしかなかった農耕民族の DNA と言ったほうが正解かもしれませんね。そんなことをつらつら考えながらの2時間ほどの昼の散歩道でした。
d0054076_8171796.jpg

by fuefukin | 2008-04-06 08:17 | 花の写真

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30