Google ローカル

 しばらく前から MAC の OS X で Google の衛星マップを見ることができるようになったので、 OS 9 から切り替えてなにかするたびに見るようになった。世界中あちこち飛びながら見ていると、あっという間に時間が経ってしまって、モニタを食い入るように見るので目はしょぼしょ、肩もこって、たいそう疲れるが実に面白い。
 まあたいがいの人の例にならって、わたくしも自宅付近をまず眺めた。ところがわたくしの自宅の東1キロもないところに米軍の司令部の置かれる横田基地があるので、ある程度の縮尺までしかあげられない。まあつまり縛りがかかっているというわけでありますな。こういう点では Google はアメリカの会社であることでもあるし、軍事用の偵察衛星は地上に置かれた小銃まではっきりと識別できるらしいから、そこまでの画像はそれこそプロの領域だ。
 たいがいの国の首都はかなり縮尺をあげて見ることができるようだ。東京をのぞいてみると、皇居の宮殿のたたずまいまではっきり見えてしまう。こんなに見えていいのかと思うくらいだ。
 ちなみに何度か行ったことのあるイスタンブールの世界遺産に指定されている歴史地区を見てみた。こんな具合である。
d0054076_21554851.jpg
 中央の上にシルケジ駅、その上は金角湾、右に広がっているのがトプカピ宮殿とボスポラス海峡だ。海岸線はぼかしてある。この画像はかなり小さくしてあるのでわかりにくいが、アヤ・ソフィアやブルー・モスクもはっきりわかるし、車まで判別できてしまう。まあ撮影した日にちや時間まではわからないが、ひょっとすると自分が写り込んでしまう可能性だってなきにしもあらずだ。
 CIA やらどこやらの情報機関には毎日こんな画像を大量にチェックする専門分析官がいるらしい。そのおかげで処理済みの燃料棒をトラックに積み込んでいる北朝鮮の様子までわかってしまうのだから、ありがたいことではあるが、恐ろしい世界になったものだね。
 隠れて立ち小便をしているつもりでもはるか250キロ上空からしっかり見られていることだってあるのだ。
 Google ローカルはこちら 。 windows の方は面倒なこともなく見られると思います。
by fuefukin | 2006-04-12 22:10 | 旅の写真 | Comments(0)

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30