人気ブログランキング |

多摩都市モノレール

 標題の多摩都市モノレールですが、実はこれまで西武拝島線の玉川上水から立川までしか乗ったことがありませんでした。まあとりたてて沿線に用事があるわけでもなく、わざわざ乗りに行くまでのこともなかったからですが、昨日の日曜日、永山に用事があってはじめて立川〜多摩センター間を乗ることになりました。玉川上水からまだ北に若干駅があるので多摩モノレール制覇というわけではなく、その制覇になんの意味もないのですが、きょう書きたいのはその運賃についてです。
d0054076_17432180.jpg

 都営地下鉄も同じですが、なぜ役人の手にかかるとこうも料金が高くなるのか。地下鉄はご存知のとおり、都の交通局でありますな。多摩都市モノレールは私鉄3社(西武、小田急、京王)に東京都が加わった第三セクターの運営。
 いま衆院選の真っただ中で、郵政が論点となっていますが、郵便局は一刻も早く民営化すべし、郵政公社なんて中間点の軟着陸をさせたのさえ間違いでありました。わたくしのところの郵便局では、不在で受け取れなかった郵便物を、多摩川を越えて隣町の郵便局まで引き取りに来い、連絡をしないと配達員が3日間もその郵便物を持って歩く、連絡をよこせばはじめて地元の局で受け取ることができる、もちろん電話代はこちらもち、ということをある時から平気で実行していたのであります。何度も強硬に申し入れをし、文句を重ねましたが、その結果かどうか分かりませんし、たぶんわたくし他の多くの人の意見が通ったのでありましょう、この半年近く前から元のやり方に戻りました。まあこのていたらくでありますな。
 というわけで今度の選挙、これまで政権党に一度も票を投じたことのないわたくしにとって大いに迷うところでなのであります。いい意味で楽しみな今度の日曜、あるいは日曜以降の数日間なのでありますが、残念ながら楽しめないことになりました。明日にでも不在者投票をすませ、あさってからとりあえずクロアチアのザグレブに入り、ボスニア、モンテネグロあたりを2週間ほど回って参ります。こちらも楽しみなのでありますが、選挙結果ももっと楽しみなのであります。帰ってきてから、まとめて新聞を読み返すことにしましょう。
by fuefukin | 2005-09-05 18:06 | 私的評論

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30