秋の味わい

 山の小屋周辺でキノコ採りの週末。
 遅れていた季節もだいぶ戻ってきて、ようやく何種類か出始めたが、例年なら9月も半ば過ぎにたくさん出るシャカシメジを、この10月初旬になっていくぶん早めの収穫。もう少し育った方がいいのだが、食卓にのせるため、傘の開いたものを汁用と冷凍保存用に採って、残りは翌週に残す。
d0054076_926034.jpg
 動画もご覧あれ。



 沢沿いを探すと、たくさんのヌメリスギタケモドキの幼菌が。さらに傘の大きく開いた採り頃のものが幹高くにあって、ハシゴでもかけないと届かない。指をくわえてああ無念であるなあ。
d0054076_9225958.jpg
d0054076_9264314.jpg

 採り頃のおいしいナラタケも。
d0054076_9281356.jpg

 標高を上げた1000メートル前後のカラマツ林でハナイグチ、さらに1700メートルあたりではクリタケ、小屋の近くではハタケシメジとかなりの収穫で、野生キノコ6種入りのキノコ汁にしておいしくいただく。翌昼にはさらにキノコを加えてつけ汁に変身させ、ゆでたての蕎麦をおいしくぺろりといただきましたとさ。おいしい秋にごちそうさま、だね。
d0054076_9401239.jpg

by fuefukin | 2012-10-09 09:40 | 森のキノコ | Comments(0)

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31