人気ブログランキング |

モンゴル紀行

 8月第一週末の便でウランバートルへ飛んだ。
 モンゴル人の知人の弟の結婚式に出席するというのを口実に、長い間懸案だったモンゴル旅行に行こうとちょっと声をかけたらあっという間に15人ほどになってしまい、なにやら日モ親善中年旅行団のような格好で出かけて来た次第。
 首都ウランバートルを散策し、結婚式に列席し、郊外に出かけ、古都ハラホリンを往復した。川べりで知人ファミリーがヤギの丸焼きや、焼いた石を使ってミルク缶で羊を蒸し煮にするホルホッグという料理であたたかくもてなしてくれたり、一晩ゲルに泊まって飲めや歌えで過した一週間でありました。
 
d0054076_17303299.jpg
大草原

d0054076_17312233.jpg
ハラホリンの夜明け

d0054076_17321166.jpg
驟雨が過ぎて草原に虹がかかった

 いちばん印象深かったのは、やはりなんといっても大草原だ。ゆるやかに起伏を連ねて地平の果てまで続く緑の草原。馬の群れが遠くに土煙をあげながら移動していく。かすかに一頭だけ人の乗った馬が群れを追っているのが判別できる。羊とヤギの群れが草を食みながらまどろんでいる。
 それにしても一国の首都の町なかを、ニューヨークの騎馬警官のようなのは別にして、人を乗せた馬が駆け抜けるなんていう国がほかにあるだろうか。もちろん中心部は大型小型の自動車が排気ガスをまき散らし、クラクションをならして渋滞するにしても。
 この項つづく
by fuefukin | 2005-08-16 17:53 | モンゴル紀行(1)

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30