人気ブログランキング |

野生の気配 続報

 今月はじめここにある野生動物の痕跡の写真を紹介しましたが、その後、干し柿を狙われた隣家を訪ねる機会があって、もはやこれでは気配が濃厚などとは言えない証拠を見せてもらったのは10日ほど前のことでした。
 居間のテレビが置かれたサッシ戸のガラスには砂を踏んだあとの大きな左前脚の跡。
d0054076_8421265.jpg
 
 別なガラスには部屋の中をまるで覗き込んだと思われるような鼻面がくっきりと残る。涎か鼻汁らしき跡もツゥーっと流れているぞ。カーテンを引いてくつろいでいた当家のご夫婦は少しも気づかなかったらしいが、知恵のある野生動物らしい行動とも思える。一緒にテレビでも見たかったのか。
d0054076_8461832.jpg

 別棟の倉庫の軒に2列に吊るしていた干し柿は全部食われてしまったらしいが、傑作だったのは軒下のクリーム色の水タンクの話。夢中になって食っているあいだに、ふたが開いていたこのタンクの中に柿が落ちて入ってしまったようだ。食い意地の張っていた奴は中に入ってそれも残さず食おうとしたらしい。中でごそごそしているうちに揺れて下の段の畑に落ちたタンクは、加速がついて斜面を転がり、さらに十数メートル、谷に落ちる急斜面の途中まで転んでいった。あわてふためいた奴の姿が想像できて、笑い事ではないが面白かった。翌日タンクがないのに気づいた当家の主人が谷の途中にあるタンクを発見し、おそらくこんなだったろうと推測した経過はたぶん真実だろうと思う。
d0054076_9243093.jpg

 いずれにせよたくさんの証拠を残した奴とは別に、防獣金網を乗り越えた跡も鮮明にわたくしたちの山の小屋のすぐ裏手、ほんの10メートルほどのところで捕捉された奴は推定150キロもあったらしいから、夜間、用足しに出たときなどに遭遇しなくてよかったと若干ほっとしている。
by fuefukin | 2010-12-28 08:59 | 田舎暮らし

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30