首都遠望

 初日の出を迎えた「日の出山」山頂から撮影した眠らない街トーキョーをご覧いただきます。
 それぞれ2枚の写真を合成したものです。写真クリックで倍のサイズでご覧になれます。

 まず日の出前の街の灯りがよくわかる写真から。空は赤く染まってだいぶ明るくなってきましたが、道路や建物の照明はまだまだ明るく見えます。奥に東京湾が横たわっているのがしっかりわかりますね。さらに奥には、ディズニーランドあたりから右へ続く京葉の湾岸も確認できます。元旦未明のこの時間でも火力発電所の煙突が煙を吐いています。ずっと手前右下の煙突は、おそらく立川市のはずれの清掃工場のものと思われますが、望遠撮影による圧縮効果があって距離感がはっきりしないので、確かではありません。ビル群は左の新宿あたりから品川あたりまでが写っていると判断されますが、これも確かではありません。関東の大きな地図を用意して定規とコンパスを使っても、同定するのはなかなかむつかしい作業になりそうです。左4分の3くらいに見える東京タワーを目安に挑戦してみてください。撮影地点から東京タワーまでおおよそ50キロ弱ほどでしょうか。
d0054076_6175153.jpg


 次は日の出後、10分ほど経過したころに撮影した写真。朝日が差し込んでかなり陰影ははっきりしてきましたが、紫色に沈むなんだか幻想的な首都遠望ですね。この写真では、かろうじて横田基地の滑走路が確認できるので同定の目安になりそうです。東京タワーは中央右の煙を吐いている煙突を上にたどったやや右手になります。
d0054076_618898.jpg

by fuefukin | 2010-01-03 06:58 | 山旅 | Comments(0)

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31