TOMODACHI LANES

 国道16号を横田基地沿いに北上していくと、メインゲートである第7ゲートを過ぎて第12ゲートの手前あたりで、左手の金網越しに細長い平屋の大きな建物が見えてきます。なんの飾りもない素っ気ない建物ですが、国道側から見える横手の出入り口にこんなアルファベットの表記が↓。
d0054076_9103744.jpg
 ずいぶん前にはじめて見かけたときには気にもせず通り過ぎましたが、自転車で幾度か通るうちにこれが遅まきながら日本語の表示であることに気づいたのであります。日本語と英語をつなげた建物というか施設の名前ですね。トモダチ・レーン、いうなれば友達ボウリング場というわけでありますね。安保条約を結んでいる同盟国同士とはいえ、一般の日本人がぶらりと出かけて行ってピン倒しゲームを楽しめるわけではありません。なにしろぐるり囲まれた金網の向こう側であります。
 折しもわたくしの自宅とは基地を隔てて反対側、武蔵村山で今年8月に起きた事件で、事件後3ヶ月を過ぎてようやく基地内に居住する2人を含む米兵の子、十代後半の被疑者4人に殺人未遂の逮捕状が出され、今週にも収監されるめどが立ったらしい。ようやく日本の警察が直接被疑者を取り調べできるようになるのが今週ということであります。事件というのは、基地に隣接する運送会社の倉庫の出入り口に張られていたロープの片方を解いて幅6メートルほどの道路を横断するように張り替え、たまたま通りかかった20代のバイクの女性がこれに引っかかり転倒、頭蓋骨骨折の重傷を負ったというもの。遊び心からだったかどうかは分からないが、重大な犯罪で目撃者も防犯カメラの映像もあってなぜ逮捕まで3ヶ月もかかったのか。このへんに基地を巡る現実問題、日米地位協定などが深くかかわってきているのでありますね。ついこのあいだも沖縄の読谷で米兵によるひき逃げが発覚したばかりですね。
 いま継続中の政府の行政刷新会議が進める「事業仕分け」では、在日アメリカ軍の駐留経費いわゆる「思いやり予算」も焦点になるらしいし、普天間基地も喫緊の課題であります。米軍基地問題は大変に悩ましい問題ではありますが、日米関係の新しい展開のためにも、しっかりとした見直しを頼みたい。
by fuefukin | 2009-11-25 10:52 | 横田基地 | Comments(0)

日常の延長に旅があるなら、旅の延長は日常にある。ゆえに今日という日は常に旅の第一歩である。書籍編集者@福生が贈る国内外の旅と日常、世界の音楽と楽器のあれやこれや。


by fuefukin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31